印鑑登録できる印鑑

イメージ画像

実印とは印鑑登録された印鑑のことをいいます。印鑑登録とは個人が市区町村の役場に自分の所有するひとつの印鑑を届け出て登録することをいいます。この手続きをしておくことで、この印鑑が間違い無く自分の実印ですということを証明することができるようになります。重要な契約や売買の手続きの場合などにおいてはこの証明が求められることがあり、市区町村の役場で印鑑証明を発行してもらうことで証明になります。

印鑑登録できる印鑑はひとりにつき一つであり、登録の更新や変更もできるにはできますが、基本的に一生ものと思って選ぶものです。印鑑の摩耗や破損によって登録当時と印影が変わってしまうと照合できなくなりますので、実印にする印鑑はある程度耐久性にすぐれた硬い印材を選びましょう。

一般的によく使われるものとして柘(ツゲ)水牛の角、象牙などがあります。どれも印材としてよいものですが、硬くてじょうぶという点では象牙が最もすぐれています。ただ値段的にも高めになるので、いろいろなはんこ屋さんで印材の種類や値段の相場を下調べしてみるといいでしょう。

インターネットで通販できるはんこ屋さんもあります。急ぎの場合はスピード作成のサービスがあるところもありますから、サービスの特徴で依頼するショップを選んでもよいかと思います。機械で大量生産された既製品を印鑑登録するわけにはいきませんから、オーダーメイドで作成します。

いいはんこ屋さんに出会えれば安くてもいいものができます。



~ 売れ筋情報 ~

〔来てます、お喜びの声!〕

印鑑専門売れ筋比較サイトの印鑑ネット
「お客様第一主義」をモットーに、最高級の印鑑を安心価格で提供しているお店をご紹介。
売れ筋ランキングや、用途に合わせた商品を豊富にラインナップ。
印鑑選びに役立つ豆知識も掲載中!

このページの先頭へ